緊急提言 実現できる!「見本市立国(りっこく)日本」

  • 世界から大きく遅れている日本 しかし 実現できる!「見本市立国(りっこく) 日本」

    すでに50年ほど前から、欧米の国々は見本市を「経済活性化と発展のための切り札」、「巨大な経済効果をもたらす強力な手段」と重要視し、見本市会場の建設と見本市の開催に力を注いできました。
    さらに、この流れは20年ほど前から中国、韓国、シンガポールなどのアジア各国に、10年ほど前からは経済後進国であったロシア、インド、ブラジルにもおよび、どこの国もまずは巨大な会場を建設しました。
    一方、日本は世界から大きく遅れました。その理由は・・・
    国際見本市には「自由競争が各業界を活性化し、発展させる」という考え方が基盤にありますが、日本では「競争を避け、保護されることを好む」という傾向が強く、見本市は「年一回の同業者のお付き合い、お祭り」と位置づけられていたからです。
    そのため、見本市の重要性が認識されず、その結果、見本市会場の建設が遅れ、さらに「会場の規模が極めて小さいこと」が日本の遅れを決定的にしました。
    表1を見れば、日本の遅れが一目瞭然です。まず最初に、日本最大の見本市会場である、東京ビッグサイトは規模において、世界で73位です。しかし、この順位は他国の会場が次々と拡張しているため、毎年下がり続けています。
    次に、表2にあるように、日本の会場総面積35万平米に比べて、欧米の国々ははるかに巨大です。次に、中国は日本の15倍の516万平米、長年、統制経済下にあったロシアでさえ、日本の2倍の67万平米に達しています。

    各国が会場の規模を競って大きくしている理由は次の通りです。

    1. 会場の面積が大きければ、数多くの見本市を開催し、その規模も大きくできるからです。また、より多くの製品が出展され、見本市の価値が高まるからです。さらに、見本市の規模が大きくなれば、それに比例して経済効果も大きくなるからです。
    2. また、各産業において、世界各国は「自国をビジネスの中心地にするために、自国の見本市を他国よりも大きくすることが重要」と真剣に考え、会場の拡大を進めているからです。
      残念ながら、我が日本はこの認識が薄かったため、会場の拡大が進まず、会場面積が圧倒的に不足するようになり、欧米や中国との見本市競争に完全に負けるようになりました。
    3. 世界中の会場は、「新しい見本市を誰でも、いつでも立ち上げられるよう、常に余分な展示スペースを確保」しており、そのために会場規模の拡大を続けています。逆に、日本は「稼働率を高め、空きスペース を出さないこと」を過剰に重視したため、規模拡大において世界から大きく遅れました。

    資源のない日本が、経済大国であるためには、世界中から人・モノ・情報が集まる「見本市立国」になることが不可欠です。そのためには、日本の会場総面積を現在の3倍の100万平米に拡大し、見本市の数も規模 も早急に3倍に増やさねばなりません。
    今からでも遅くはない。いや、遅れているからこそ、発展の余地はもっと大きい。必ず実現できる!「見本市立国 日本」。
  • 表1 見本市会場の面積世界ランキング

  • 表2 各国の見本市会場総面積の比較