採用FAQ

  • FAQ

    会社の収入はどこから得ていますか。

    出展社から支払われる見本市への出展料が、主要な収入となります。
    見本市に出展するための最小単位面積を一小間と呼び、小間料金×小間数が出展料となります。
    そのほか、セミナーの受講料、パーティーチケットの売上、リードが募集する各種広告なども、大きな収入となります。

    新規見本市のアイデアはどのように生まれるのですか。

    新規見本市を創る事は、メーカーが新製品を開発するのと同じ意味を持ちます。
    リードの社員は皆、様々な産業界の動向を研究しており、誰からでも新しい見本市のアイデアが提案されます。
    また、出展社や来場者からの要望、業界団体からの提案、セミナー委員や専門業界紙誌からのアドバイスによって数多くの見本市が生まれます。

  • 今後、どのような分野で新しい見本市を創っていきますか。

    現在、リードが開催している見本市は、ITやエレクトロニクスなどの技術分野をはじめ、宝飾、文具、メガネなど消費材関連まで多岐にわたっています。
    また、最近では世界的に注目を集めている太陽電池や高機能素材など先端分野の見本市も次々と打ち上げています。
    リードは、今後も特定の産業分野に限定することなく、すべての分野で新しい見本市を立ち上げていきます。

    リード ジャパンの社員の特徴を教えてください。

    一言でいえば「一人ひとりのモチベーションが非常に高い」という点です。
    私たちは「自分たちがゼロから創りあげた見本市によって、出展社に儲けてもらいたい」と考えます。
    それを実現するために、出展社の「お客様」である来場者を多数集め、活発に商談をして頂くことに全力を尽くします。
    見本市を成功させ、出展社及び来場者に感謝される事により、社員のモチベーションが大いに高まります。
    さらに見本市の成功が産業の活性化に貢献し、ひいては日本経済の発展にまで寄与しているという事実が、社員のモチベーションをより一層高める要因になっています。

  • 事務局長の仕事について教えてください。

    見本市のプロジェクトは、それぞれが独立していて、一つの会社のような形態になっています。事務局長は、それぞれの見本市の社長のような存在です。
    まず、見本市をより大規模なものに育てていくための戦略を立案し、スタッフの役割分担の決定を行い、見本市開催までの一年間のスケジュールと、それに関わる予算を作成します。
    また、出展社募集活動の指揮をとり、自らも募集活動を行います。さらに、多くの来場者を誘致するための活動も指揮し、見本市を成功に導きます。

    見本市ビジネスの魅力はどんなところですか。

    出展社、来場者、主催者、開催地など、見本市に関わるすべての人が「WIN–WIN」の関係でつながるところです。
    出展社にとって見本市は、数万人の来場者(バイヤー)に自社製品を販売できる「絶好の売上拡大の場」です。
    来場者にとっては、一度に多数の新製品・新技術を比較・検討し、購入できる「貴重な仕入れ・購入の場」です。
    また、こうして双方が満足する事で、見本市の会場が大いに盛り上がり、さらに規模を拡大することによって、主催者はより多くの収益を上げる事ができます。
    また見本市は、数万人の来場者及び出展社が利用する周辺のホテルや飲食店、交通機関を通じ、多大な経済メリットを開催地にもたらします。
    このように、多方面にメリットをもたらすことが見本市ビジネスの魅力です。

  • なぜ各国がこぞって見本市に力を入れているのですか。

    世界各国は見本市を「経済活性化と発展のための切り札」、そして「各都市に巨大な経済効果をもたらす強力な手段」と重要視しているからです。
    見本市では一度の開催で、数百億円もの商談が行われる他、交通、宿泊、飲食などに数十億円もの金額が消費され、装飾、警備などにも数千人の雇用が創出されます。
    また、見本市を開催する事で、世界中から人・物・情報が集まります。
    各国・各都市は見本市が持つ、この巨大なメリットを重要視し、見本市会場を空港や港、道路と同じく、集客のための「基本インフラ」と捉え、積極的に建設を行っています。
    現在、日本は大きく遅れていますが、逆に言えば他の国よりも発展の余地が大きいと言えます。

    インターネットの発達は見本市にどんな影響を与えていますか。

    見本市の重要性をより一層際立たせています。
    ビジネスの世界では「フェイス トゥ フェイス」は極めて重要で、企業として製品・技術を取り引きする場合には、人と会い、物を見て、触って、確かめて購入します。また、これは人間の根源的な欲求に基づく行為でもあります。
    インターネットは、特にこの10年間、目覚ましい発展を遂げましたが、それによって見本市の情報がより多く、簡単に得られるようになり、人々を見本市にひきつける結果になっています。
    インターネットの発達と並行して世界中で見本市の数が増加し、見本市会場の新設・増設が盛んに行われているという事実が、このことを如実に物語っています。

  • リードのグローバルネットワークについて教えてください。

    リード エグジビション ジャパン株式会社は世界24の国と地域に
    拠点を持つグローバル企業リード エグジビション グループ(本部ロンドン)の一員です。
    各国の見本市はその地域の人々のアイデアによって生まれ、その地域の経済、社会システムに基づき、開催されていることから、グループ各社は極めて独立的に運営されています。
    一方、各社は情報交換や相互協力を通して、それぞれの見本市を国際的なものにしています。
    これがリードの特徴であり、強みです。

    見本市と同時開催のセミナーはどのように構築されていますか。

    見本市におけるセミナーは、展示と並ぶもう一本の大きな柱です。
    各見本市でのセミナーの数は、20〜80セッションにのぼり、総計5千名〜1万名の受講者を集めています。
    見本市の事務局スタッフは、各業界の第一人者の方々から構成されるセミナー企画委員会や、アドバイザリーコミッティーを組織し、協力やアドバイスをいただきながら、セミナーの内容や、講師の選定を行っています。
    同時に、事務局スタッフも常に業界の最新動向をリサーチし、内容の濃いセミナーを創ることに全力を注いでいます。