採用情報

  • 私たちは、大規模な国際見本市をゼロから創り上げる会社です。



    リードのビジネス
    = 国際見本市を創ること

    車を作るのは自動車メーカー、文具を作るのは文具メーカーですが、私たちリード ジャパンはいわば「見本市・展示会のメーカー」。

    国際的な見本市を自ら企画し、出展企業と来場者(バイヤー)を一堂に集めることで人・物・情報の交流を促し、大きなビジネスの場を創りだしています。さらには、大規模な見本市を東京ビッグサイトなどの見本市会場で開催することで、宿泊、飲食、交通など巨大な経済効果を開催都市にもたらします。

    見本市の開催までには多くのスタッフの力とエネルギーが必要です。それらをまとめ上げ、組織化し、見本市を創り上げること、これがリードの仕事です。私たちの職業は、世界的には国際見本市の“オーガナイザー(主催者)”と呼ばれています。


    展示会ビジネスとリードの仕事の魅力

    リードが主催する見本市には、日本経済を復興・発展させる力があります。なぜならば、見本市に関わる者すべてを「Win-Win」の関係でつなぐことができるからです。 出展社と来場者の両者には、新しい取引先とより優れた製品との出会いといったビジネスチャンスがもたらされ、開催する地域・都市には会期中の交通費や滞在費などの収入がもたらされ、同時に装飾や警備、通訳などさまざまな雇用が創出されます。それゆえ、開催都市に対して巨大な経済効果を実現することができ、結果として見本市は世界中で経済の発展、各企業のビジネス促進の原動力となっています。


    最初から最後まで関われる!

    見本市ビジネスはチームビジネス。メンバー1人1人がビジネスの一部ではなく、見本市の企画から実際の会期当日まで、すべてに携わります。最初から最後まで関わることができるため、やり遂げた時は非常に大きな達成感を得ることができます。しかも、リードには若いうちから活躍できるチャンスが多くありますので、いち早く自分を成長させることができます。

    国際的で影響力が大きい!

    リードの見本市はすべて国際的で、世界中から大勢の専門家が参加します。日本にいながらにして世界中の企業とビジネスが展開できること。これが国際見本市の大きなメリットです。また、国内で開催することで開催都市や国に巨大な経済効果をもたらすだけでなく、日本をその産業における世界の中心地にします。リードのビジネスは、各産業の活性化と発展、さらには世界経済の拡大に大きく貢献しています。