あなたの検索

検索をリセット

検索結果を絞り込む

 

見本市一覧

検索

検索結果

検索結果22件中13-22件

|

表示件数:

表示順
  • 関西 ものづくりAI / IoT展

    会期: 
    • 2020/10/07 - 09

    多数の西日本の来場者から「製造業向けAI、IoTに特化した見本市を開催して欲しい」という強い要望を受け、2018年10月、大阪で「関西 ものづくりAI⁄IoT展」を初開催しました。 本展は初回から下の写真にあるように、多くの来場者で会場が埋め尽くされ、大盛況となりました。 今後、西日本の製造業の...

  • [関西] 次世代 3Dプリンタ展

    会期: 
    • 2020/10/07 - 09

    本展は3Dプリンタ、材料、受託サービスなど、3Dプリントに関するあらゆる製品、技術、サービスが出展する専門見本市で、2019年に大阪でも初めて開催します。 3Dプリントの市場は国内、海外共に飛躍的に成長することが確実視されており、3Dプリント技術が「これまでのモノづくりの在り方を変える」とも言われ...

  • 日本 ものづくり ワールド

    会期: 
    • 2021/02/03 - 05

    日本ものづくりワールドは、機械要素技術展、設計・製造ソリューション展などといった、ものづくり専門展から構成されています。毎年、多くの製造業の設計・開発部門、製造・生産技術部門の方々が多数来場し、出展企業と熱心に商談をしています。 次回2019年は、新たに4つの展示会を開催。日本ものづくりワールド...

  • 機械要素技術展 (M-Tech)

    会期: 
    • 2021/02/03 - 05

    “国内最小のねじ”や“日本唯一の精密加工技術”など、特長ある技術力を持つ企業が世界中から一堂に集まる、世界最大級の専門技術見本市として開催。 その出展社の多くは、大田区などの「中小企業」であるため、中小企業支援を目的とした自治体パビリオンも年々増加し、2018年には全国から96の自治体が出展しまし...

  • 設計・製造ソリューション展 (DMS)

    会期: 
    • 2021/02/03 - 05

    設計・開発期間の短縮やコストダウン、グローバル化への対応などが課題となっている今日の製造業。 本展は、これらの課題を解決するためのITソリューションが一堂に出展している日本最大の見本市で、1990年から開催。会場では真剣な商談が行われており、世界に冠たる日本の製造業の発展を支えています。 出展社...

  • 航空・宇宙機器 開発展

    会期: 
    • 2021/02/03 - 05

    名古屋で拡大を続ける航空・宇宙機器 開発展を、「東京でもぜひ開催して欲しい」という熱い要望に応え、2019年2月、ついに東京でも開催決定。 航空機や宇宙機器に搭載される部品、素材・材料や、開発・製造技術などが東京ビッグサイトに一堂に集結。 初回から100社が出展し、課題解決のため、導入を真剣に検...

  • 工場設備・備品展

    会期: 
    • 2021/02/03 - 05

    製造業大国である我が日本において、工場での最新の設備や備品を求める声は年々増加している。そんな中、「大阪、名古屋だけではなく、東京でもぜひ開催して欲しい」という声を受け、日本ものづくりワールド内に本展の開催が決定しました。 本展が加わることにより、日本ものづくりワールドには工場現場で働く工場管理、...

  • 3D&バーチャル リアリティ展 (IVR)

    会期: 
    • 2021/06/23 - 25

    近年、VR技術が進歩し、応用分野が急速に広がっていますが、リードはそれに先駆けて、26年前の1993年に本展を立ち上げました。 仮想現実を作り出す最先端技術「バーチャル リアリティ」と「3D技術」が出展する本展は、リード主催の見本市の中でも、最も先進的なテクノロジーが出展するユニークな見本市です。...

  • ものづくり AI/IoT 展

    会期: 
    • 2021/06/23 - 25

    製造業において、新たな「ものづくり改革」の取組みとしてAIの活用やIoTの導入に注目が集まっており、今後急速な市場の拡大が見込まれています。 こうした中、リードは大阪に続き、2019年2月、東京でも開催することを決定しました。製造業向けのAI・IoTをテーマにした本展は、開催発表直後から問合せが殺...

  • 次世代 3Dプリンタ展

    会期: 
    • 2021/06/23 - 25

    近年、3Dプリント技術の精度とスピードの向上、使える材料の幅が広がったことなどを受け、3Dプリンタで出力されたものが部品として使われ、そのまま最終製品として販売され始めています。 これは、3Dプリンタがこれまでの「試作」「デザイン」用途での使用を超え、「製造」用途で使われ始めたことを意味しています...

当ウェブサイトは、運営と効用の改善のためにクッキーを利用しています。クッキーについての詳細、利用目的や管理方法は、プライバシー&クッキーをお読みください。尚、このサイトを利用するにあたり、あなたはクッキーの使用に同意していることになりますのでご留意ください。